広島ステーションクリニック

トップページ
お知らせ
病院のご紹介
院長のご紹介
診療案内
人間ドックのご案内
交通案内
求人情報
リンク集



http://www.hs-clinic.jp/m/
携帯サイトはこちら

肺がんドックのご案内


当院では平成23年にクリニックでは県内で初めてフラットパネル式X線撮影システム
【コニカミノルタAeroDR】を導入しました。これにより被爆量を少なく高解像の画像で
高い診断能を得る事が出来るようになりました。
特定検診の肺がん検診もご利用いただけますのでご活用下さい。(料金要問い合わせ)
 
胸部X線撮影より精度の高い検査としてCTによる肺がん検診があります。
当院では被爆量の少ないモードで数mmの肺がんを検出できるマルチスライスCTを導入しております。
肺がんが疑われる病変は遠隔読影によって放射線専門医が診断しています。
検査終了後、診察室にて大画面で撮影した画像を見ながら検査後の説明をさせていただきます。

     
当院導入のAeroDR AeroDRでの撮影画像 従来のX線撮影画像 マルチディテクターCT
 


※すべてのコースに問診、診察、検査結果説明があります。

コース 検査項目 料金(税込)
・レントゲンコース1 胸部X線 ¥5,400
・レントゲンコース2 胸部X線+喀痰検査 ¥9,720
・CTコース1 胸部CT ¥15,120
・CTコース2 胸部CT+喀痰検査 ¥19,440

※腫瘍マーカーはオプションとなります。

CEA CEAはもっとも一般的な腫瘍マーカーです。
肺がん以外にも、大腸がんや胃がんなど消化器のがんや乳がんなどで数値の上昇が見られます。
¥2,100
SCC抗原 SCC抗原は扁平上皮ガンの有無を推測する腫瘍マーカーです。肺がんのほかにも子宮頸部がんや食道がんなどの
扁平上皮がんの腫瘍マーカーとして有用です。
¥2,100
NSE NSEは小細胞肺がんの診断で用いられる腫瘍マーカーです。非小細胞肺がんでも陽性を示すことがあります。 ¥2,100
ProGPR 小細胞肺がんのマーカーです。治療によく反応し、
再発・進行時にも速やかに上昇するので有用です。
小細胞肺がんに対して特異的で信頼度も高いです。
¥2,100
CYFRA21-1 CYFRA21-1(シフラ21-1)は扁平上皮がんを高い確率で
高値を示すマーカーです。禁煙の有無による数値の乱れが無く、優れたマーカーです。
¥2,100

お食事制限など事前準備は必要ありません。
ドッグは予約制(優先)となっております。ご予約を宜しくお願い致します。
ご不明な点等ございましたらいつでもご連絡ください。

[お申し込み・お問合せ]
TEL:082-568-1007
FAX:082-568-1006
Email:hsc@festa.ocn.ne.jp


広島ステーションクリニック