広島ステーションクリニック

トップページ
お知らせ
病院のご紹介
院長のご紹介
診療案内
人間ドックのご案内
交通案内
求人情報
リンク集



http://www.hs-clinic.jp/m/
携帯サイトはこちら
当院が行っている検査について

腹部超音波検査(腹部エコー検査)
腹部超音波検査は、主に腹部の肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・腎臓を観察する検査です。これらの臓器以外にも胃腸・大動脈・子宮・卵巣・前立腺・膀胱など腹部の臓器は一通り観察できます。かなり細かい病気を見つけることができます。超音波の反射波を画像にするので、放射線のような身体に対する影響は全くなく、診断能力の高い、安全かつ有用な検査です。患者さんは薄暗い部屋の中でベッドに横たわっているだけ。ぬるっとしたゼリー(超音波の通りをよくするため)を塗って行う検査です。苦痛もありません。最近、超音波検査のための造影剤も開発され、さらに診断能力が高まりました。

具体的な病名
脂肪肝
酒の飲みすぎが原因。お酒を控えればもとに戻る。
飲みつづけると肝臓が悪くなる。
脂肪肝とは、肝臓の中にたっぷりと脂肪がたまっている状態です。肝臓はアルコールと脂肪を処理する臓器ですが、アルコールと脂肪は、肝臓の中で同じ経路で処理されています。アルコールを大量に摂取すると、肝臓は脂肪の処理まで手が回らなくなり、肝臓の中に脂肪がたまってしまうというわけです。脂肪の取り過ぎでなるわけではないのです。アルコールを控えれば徐々に普通の肝臓に戻っていきますが、このまま飲酒を続けると、いずれアルコール性肝障害から肝硬変に進行し、命を縮めます。要注意です。

胆石
胆のうにある胆石は無症状なら放っておいてもよい。
総胆管にある胆石は大急ぎで除去すべき。
胆石とは、コレステロールやビリルビンという胆汁の成分、カルシウムなどが固まって石のようになったものをいいます。胆のうの中にあり、無症状であれば、特に治療は必要としません。しかし、時々おなかが痛くなったり、熱が出たり、時には黄疸が出たりすることもあります。こうなったら大急ぎで治療しないといけません。特に、総胆管というところに「落ちた」胆石は何かと悪さをすることが多いので、早急に治療をすべきです。

胆嚢ポリープ
ポリープには悪性化するものあり。定期的な検査・経過観察が必要。
大きいものは超音波内視鏡で精密検査を。
悪性の可能性が否定できなければ手術
胆のうポリープといわれたら要注意。悪性化の可能性もあります。ある程度以上の大きさ、あやしい形をしているものは「超音波内視鏡」で検査をしてもらったほうがよいでしょう。これは胃カメラの先に超音波検査用の機械がついているものです。基本的には胃カメラと同じです。
もしも、この検査でも悪性の可能性が否定できなければ、手術を考慮すべきです。現在手術は腹腔鏡下に行われることが多く、患者様への負担も軽減されています。

のう胞
たいていは無症状・無害。経過観察も必要ない。
肝臓・腎臓に多発している人は病気の可能性あり、専門医に相談を。
膵臓ののう胞は悪性化の可能性あり、専門医に相談を。
のう胞とは、腎臓・肝臓・膵臓などに発生する、中に液体のたまった空洞です。たいていは無症状・無害。病的意義のないものですが、多臓器に多発しているもの、膵臓にあるものは要注意。腎臓にたくさんある場合、将来、腎不全に進行する可能性があります。腎臓内科の専門医を受診しましょう。膵臓ののう胞は悪性化する可能性があり、こちらも要注意です。膵臓の専門医を受診し、しかるべき検査を受け、定期的なフォローアップが必要です。


広島ステーションクリニック